薬剤師の求人探しとエージェントの存在

薬剤師の求人サイトを見ていて

薬剤師の求人サイトを見ていて | すぐにウェブフォームに記入して | 予想は見事に当たっていました

薬剤師の求人サイトを見ていて発見したのがエージェントでした。
一体どういうものなのかを当時は全く知らなかったので気に留めていなかったのが正直なところです。
転職活動を始めてしばらくしても望み通りの仕事内容と待遇で受け入れてもらうことができずに悩んでいました。
そこであらためてエージェントとは何なのかというのが気にかかって調べてみたところ、病院や薬局と薬剤師のニーズをマッチングさせてくれるサービスだということがわかりました。
確かにこれまで望みの転職先が見つけられなかったのはマッチングがうまくいかなかったからなのは確かです。
主に薬局を志望して面接を受けてきましたが、その薬局で必要としている人材ではなかったのでしょう。
いくつかの薬局では仕事内容を聞いたときに在庫管理がほとんどの仕事になってしまうとわかってこちらから断ったこともありました。
やりたい仕事は患者とのコミュニケーションを通して医薬品に対して理解を深めてもらうことであり、服薬指導に積極的に関われるのを望んでいたのです。
この目的意識と、薬局側のニーズがマッチしなければ採用されないでしょう。